Warning: getimagesize(http://faithful-start.com/wp-content/themes/affinger4/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/kakiaen/faithful-start.com/public_html/wp-content/themes/affinger4/twitter-card.php on line 44

転職、退職、職場問題の解決、副業などの情報を分かりやすくお届けします。

CTAの会|仕事やめたい人の人生を一歩前に進める情報サイト

仕事の将来性 資格・スキル

行政書士の現状と将来性|AIと少子高齢化時代を生き抜けるのか?

投稿日:2017年12月31日 更新日:

 

現在、ものすごいスピードで人工知能やロボットの研究・開発が進められています。20年以内に、働き方が変わらない職種はないと言われています。

そこで、行政書士の働き方はどのように変わっていくのか考察していきます。

 

 

行政書士の収入

 

行政書士の平均年数を年代別にすると20代では年収は350万円から430万円の範囲。30代では470万円から540万円の範囲。40代では600万円から670万円の範囲。50代になると720万円前後の範囲となります。

その後は60代となると平均が490万円代に落ちてしまいます。企業で働く行政書士の場合小企業の行政書士は520万円代が平均年収で大企業になると700万近くの平均年収というふうに差が出るのも特徴となります。

 

 

行政書士の業務内容

 

行政書士の仕事内容は依頼によって官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成や申請の代行などが主です。代行元は個人や会社をはじめとする法人などさまざま。それらの顧客からの依頼を受けて行政書士が代行することになります。

 

行政書士の業務内容は大きく分けて「官公署に提出する書類」「権利義務に関する書類」「事実証明に関する書類」の三種類に分けられます。書類を作成するだけでなく官公署に提出する書類の提出代理業務も行いことも可能です。基本的に書類の作成であるため相手との交渉の場合弁護士法に抵触してしまうので罰則の対象になってしまうので気をつけなければいけない点です。

 

行政書士法に「他の法律において制限されているものについては業務を行うことができない」とされているので一般的に行える内容の仕事であっても行政書士法に引っかかるものはやることができないとされます。弁護士法や司法書士法や社会保険労務士法や税理士法といった他の法律に接触するものも手を出すことは禁止です。
例えば行政書士は会計帳簿の作成はできます。しかし税務申告書の作成は税理士業務なので行政書士の業務内容の外になります。

 

 

行政書士の将来性

 

現在、ものすごいスピードで人工知能やロボットの研究・開発が進められています。20年以内に、働き方が変わらない職種はないと言われています。

そこで、行政書士の働き方はどのように変わっていくのか考察していきます。

 

行政書士とAI(人工知能)

 

政府が行政書士を完全に淘汰されるのを見過ごすことは想像しづらいです。しかし、現実問題、行政書士のAIによる代替可能性は93.1%と無視できないパーセンテージです。理由としては、「定型書類に情報を書き込んで手続きする」という工程が人工知能の得意分野であるから。

 

 

AI(人工知能)が

  • 書類作成業務
  • 書類提出手続き代理業務
  • 契約書等代理作成業務
  • 相談業務

らを行うとしても、AIだけでは完結しないサービスも存在します。

 

「行政書士がAIを駆使して、ますます国民と行政を繋げていく」という流れになる可能性ももちろんあります。特に、これからは、少子高齢化がますます進み、人g年に話を聞いてほしいクラアントが増えることを考えたら、政府が『行政書士』の存在を考えづらいです。

 

 

 

行政書士と少子高齢化

 

2025年に、日本は人口ボリュームが最大の「団塊の世代」がそろって後期高齢者(75歳以上)になる「超高齢化時代」に突入します。したがって、高齢者向けのサービスや商品の需要が高まりを見せることが予想されています。

 

行政書士の業務は、

  • 遺言書の権利義務に関する業務
  • 成年後見人(正常な判断能力が不十分な人をライフシーンを法律面からサポートしたりする業務)

などで特に需要が高まると予想されます。

 

2022年には2025年問題に先立ち、一人暮らしの高齢者社会が本格化すると言われているのが大きな理由です。

 

ただし、需要が高まることに胡坐をかいてはいけません。(先述しましたが)これらの業務を代行する人工知能のサービスが生まれ始めたら、人間にしかできない分野で勝負するしかなくなってしまいます。

 

これからの人間に求められているのは、

  • 創造性
  • マネジメント(経営)
  • ホスピタリティ(もてなし)

の3つの力。

 

高齢化社会に特に必要なのは『ホスピタリティ精神』でしょう。

ただし、高齢者は人生経験豊富で人を見抜く力に長けている。高齢者のケアにあたる介護士も真心から接していないと、いとも簡単に見抜かれるといいます。

心からのホスピタリティをもって顧客に携われる行政書士が生き残っていくと考えられます。

 

-仕事の将来性, 資格・スキル

Copyright© CTAの会|仕事やめたい人の人生を一歩前に進める情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.