Warning: getimagesize(http://faithful-start.com/wp-content/themes/affinger4/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/kakiaen/faithful-start.com/public_html/wp-content/themes/affinger4/twitter-card.php on line 44

転職、退職、職場問題の解決、副業などの情報を分かりやすくお届けします。

CTAの会|仕事やめたい人の人生を一歩前に進める情報サイト

仕事辞めたい

税理士の現状と将来性|AIや少子高齢化の時代を生き抜けるのか

投稿日:

 

現在、人気の国家資格である『税理士』がどのような仕事なのか、将来的に生き残っていける職なのかを考察していきます。

 

 

税理士の収入

 

税理士の給料は、20~30代で平均30~40万。50代以降で50万円台になる流れが多いです。

独立開業を果たせれば確実に1000万円は超える人も珍しくありません。

 

 

税理士の業務内容

 

税理士は税金に関する複雑な法律に精通し、国民の納税をサポートするのが主な業務内容です。クライアントの帳簿や書類を目を通し、アドバイスを行います。

 

新人の頃はどこへ行っても最初は雑務をこなしながら上司や先輩の仕事を観察し、覚えるべきことを押さえていきます。人手が少ない所だと、比較的責任の軽い簡単な勘定科目や、上司や先輩のサポートのもと取引先の担当を任されることもあり、これは人数の多い税理士法人などには無い特権といえます。

 

税理士法人や会計事務所などは実に様々な業務を行っており、しかも1年の流れに従って業務が続くので、非常に忙しい日々を送っています。多くの税理士補佐は、最初の1年は何がなんだか分からないまま過ぎ去っていき、2年目から少しずつ全体像を把握できるようになります。特に2月から始まる確定申告や3月末からの決算整理、年末における年末調整の時期は、たとえ新人であっても目まぐるしい日々を送ることになるでしょう。

 

日々の業務においても覚えることで溢れていますが、税金に関する法律は頻繁に変わるため、常に学習する姿勢も忘れてはなりません。また、税金に関する業務だけでなく、資金繰りや給与計算、社会保険などの周辺知識についても知っておく必要があります。

 

 

税理士の将来性

 

現在、ものすごいスピードで人工知能やロボットの研究・開発が進められています。20年以内に、働き方が変わらない職種はないと言われています。

そこで、税理士の働き方はどのように変わっていくのか考察していきます。

 

 

税理士とAI

 

税理士が行うアドバイスや指摘にはある程度のパターンがあります。長年税理士が顧客相手にアドバイスしてきた情報をデータとして学ぶことで、人工知能だけで税金に関する指摘が行えるようになる可能性は高いです。

 

税理士が淘汰されるかどうかは分かりませんが、現在普及しているクラウド会計サービスの延長で、税理サービスが開始されることは想像に難くありません。

 

今のままスタイルを変えずに働くよりも、人工知能を使った税理サービスを利用して働くなどの変化は要求されるかもしれません。

 

 

税理士と少子高齢化

 

2025年には団塊の世代が後期高齢者になる「超高齢化社会」に突入します。当然、税理士に求められるニーズも変化します。

 

2021年には介護離職が大量に発生し、2025年には後期高齢者が大増加することから、介護事業の企業が活発に。福祉系の企業に強い税理士が重宝される可能性が高いです。

 

介護事業の会計基準は一般的な企業と異なるため、介護事業専門の税理士の需要が高まることが予想されます。

 

-仕事辞めたい

Copyright© CTAの会|仕事やめたい人の人生を一歩前に進める情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.